« 職場の近くに | Main | 「ヘボ」という »

2003.09.18

道頓堀川の

事故って、「ついに」というか「やっぱり」という感想です。
川の水質のことは兎も角として、高いところから飛び降りるのだからそれなりの危険性はあるわけですよね。ただ、この人は(恐らくこの時は)自分の意思で飛び降りたので無いかもしれないので、事故扱いとすると...押した人は加害者となり「殺人」ということになるんでしょうか?
業務上過失致死なんて罪は適用して欲しくないな、この件に関しては。
飛び降りる側も、熱気に煽られ押した側も相応に悪いとは思うんだけど、死んでしまっては何ともなぁ...

|

« 職場の近くに | Main | 「ヘボ」という »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 道頓堀川の:

« 職場の近くに | Main | 「ヘボ」という »